社会保険労務士にはいくつでなれる?

難しい資格となると史上最年少はいくつといった表記がされていることがあります。
そこで、社会保険労務士においても史上最年少で取得した人はいるんです。
それが、大学に在籍している20歳の女性だったんです。
もともと法学部に在籍しており、高校生の頃から年金に興味を持っていたといいます。
そこから自分の好きなことを見つけて、この社会保険労務士にたどり着いたのでしょう。
それでも、大学在学中に社会保険労務士に合格してしまうとは、本当に見事ですよね。
勉強の方法も効率よくできていたのでしょう。
そして、興味があることだったという点は大きいようですね。
興味がないと無理やりやらされているようで楽しく感じないので、嫌悪感も出てきてしまうからです。