介護保険制度の構造の説明:『被保険者』って?

介護を必要としている高齢者がいます。
日本の社会全体で支えて行こうと言う制度があります。
それが介護保険制度ですね。
こう呼んでいます。
ご存知の方も多いと思います。
これは色々な規定によって介護を必要としている高齢者が利用できるか規定されています。
ここで介護保険制度の構造について挙げてみましょう。
まず被保険者についてです。
『被保険者』介護保険制度を利用できる人のことを指しています。
誰でも高齢者であれば介護保険を利用できると言うものではありません。
自分の住民票がある地域に住んでいることを最低条件とします。
次に介護保険料を払っていることが条件になります。
介護保険料については、40歳以上であれば誰でも支払うことになります。
※高齢者と言っても年齢により第1号被保険者(65歳以上かつ要介護認定、要支援認定を受けている人になります。
)、※第2被保険者(40~65歳未満で医療保険加入、特定疾病を原因で要介護認定、要支援認定を受けている人になります。
)介護をどれだけ必要しているか!?また40歳以上であれば介護保険被保険者に条件によってなることができます。
しかし、介護保険法以外の施設に入っている場合は、介護保険被保険者になれないと言うことなので注意してくださいね。
被保険者に対しても色々と制限、規定が設けられています。
(笑顔)
保険ライフ評判悪い?写真付き体験暴露中!【私の無料相談体験談】